Home » 未分類 » すわり心地の改善

すわり心地の改善

椅子やソファの張り替えといえば、見た目の改善が大きな要素と思われるとおもいますが、実はすわり心地の改善も行うことが出来るのです。

例えば、様々な椅子で利用されているウレタンフォームの座面ですが、長い間使っているとぼろぼろになり、最初の弾力性を失って座面の柔らかさが無くなってしまいます。
座ると、座面が底付き感があり、座るのが億劫になる椅子になってしまうのです。
そこで、椅子の座面張り替えを行うついでに、中のウレタンフォームを入れ替えてもらう事をオススメします。

また、綿入りクッションの場合でも、新しい綿を入れてもらうことにより、元通りのフワフワしたすわり心地を取り戻すことも可能です。

コイル式の椅子の場合も、椅子の張り替えを行うついでにコイルを入れ替えてもらうことが可能です。コイルを入れ替えることで、しっかりと体を支えることができるようになり、その椅子のすわり心地を戻すことが出来ます。

椅子の張り替えを行うだけよりも、若干費用は高くなりますが、それだけの価値はあります。
いわば、椅子の張り替えを利用して、オーバーホールを行うようなものです。特に高級家具と言われる様な椅子では、買い換えるよりも安くで済みますので、一度ご検討されることをオススメします。
椅子の張り替え、ソファーの張り替えともにこれらの作業を行うことで、生まれ変わるのです。

ただし、これらは全て専門業者にお任せになるのがオススメです。なぜなら、綺麗に座面を張るにはそれなりの技術が必要です。