ペットを飼われているところは要注意

ペットは家族

皆さんの中で、ペットをご自宅に飼われている方はたくさんいらっしゃると思います。その中で、ペットのことを「家族」と認識されている方も多いのではないでしょうか? 確かに、ペットは人にはない癒やしがあるので、夜遅く仕事から帰ってきても、玄関まで出迎えてくれるペットを見て、思わず顔を緩めてしまう方も少なく無いと思います。でも、そんなペットも、時に面倒なことを起こしてしまうことがあります。

椅子の生地をボロボロに

ペットを飼われている方の中で、椅子に張られている生地やクッションをボロボロにされてしまった方はいらっしゃいませんか? 例えば、ネコ。ネコはところ構わず爪研ぎをすることがありますが、壁や椅子の生地を爪研ぎすることはありますし、ソファーに対しても爪研ぎをすることはよくあります。爪研ぎされた椅子の生地は見た目が大変よろしくないので、すぐに椅子の張り替えをされることをオススメいたします。(もちろん、ソファーの張り替えも同様です)

一般の方で出来る場合も

椅子の張り替えやソファーの張り替えは一般の方でも行なうことが可能のようです。実際、インターネットでも椅子やソファーの張り替え方法を掲載したところがありますし、それらを参考にしながら椅子の張り替えやソファーの張り替えにチャレンジされている方は少なくありません。でも、張り替え作業は一度失敗すると後が手間になってしまうので、なるべくなら専門業者に依頼された方が良いかと思います。

椅子の張り替えで気分も一新

気分転換の方法として

毎日同じことの繰り返しでなんだかつまらない、というときに気分転換したくなるときが誰しもあるかと思います。その方法にはさまざまなものがありますが、中には夜中に思い立って部屋の模様替えを始めるという方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、部屋の模様替えというのはいくつかの大きな家具を移動させなければなりませんし、時にはそれまで使っていた家具を新調したくなる場合も出てくるので、時間や労力、もしかしたらお金までかかってしまうことにもなりかねません。そこで気分転換の方法のひとつとしてオススメしたいのが「椅子やソファーの張り替え」なのです。椅子やソファは部屋の中でも大きな面積を占めるので、その椅子の座面やソファーのカバーが変わっただけでも、視覚的に雰囲気が変わったように見える効果があるのです。

素材やデザインにこだわる

つくりたい部屋の雰囲気がある場合に椅子やソファーの張り生地の張り替えをするのであれば、デザインや素材をそれらに合わせるということも考えるとより素敵になります。例えばアンティーク調の部屋したいなら、デザインをロココ調やヴィクトリア調の豪華でシックなものにして、素材を本革やベロアなどの上品なものにするなど、こだわることができるポイントはたくさんあります。ひとくちに椅子やソファの張り替えといっても選べる生地の種類は多くありますので、ぜひお好みに合うものを探してみてください。

業者に依頼することもできる

椅子の張り替えは、ダイニングチェアなどの簡単な構造のものであれば、インターネットで検索すればDIYの方法がたくさん出てきますので、ご自分でされることも可能です。しかし、ソファなど大きなものになってくると、業者に依頼して椅子の張り生地の張り替えをしてもらうほうがやはりキレイな仕上がりになるのでオススメです。また、探している種類やデザインの張り生地がないという場合にも、業者にご相談されてみても良いでしょう。

椅子やソファーの交換を検討されている方は、ぜひ張り替えを考えてみてください。

椅子やソファーの張替えなどが必要に感じたことはありませんか?
椅子やソファーの布が破れた、中のスポンジの弾力がなくなった、色が褪せてきた、などなど、椅子やソファーの表面は汚れやすいので椅子やソファーの表面の状態を見て、交換が必要だなと判断される方も多いのではないでしょうか。
しかし、買い替えるとなると、お金がかかりますし、何よりもまだ座れる状態の椅子やソファーを粗大ごみに出してしまうのはもったいないと思う方もいらっしゃるかと思います。また、お気に入りの椅子だから、ずっと使ってきたソファーだから、など、愛着があるがゆえに捨ててしまうのがもったいないと感じられる方もいらっしゃいます。
そのような方にオススメなのが椅子やソファーの張り替えです。
椅子やソファーを張り替えてもらうなら、そのまま同じ椅子やソファーを使い続けることが出来ますし、何よりも愛着のわいた家具を手放す必要もありません。
そして、ゴミを減らすことにも繋がりますので、ゴミを減らすことにもなります。
家具は家に入居した時に購入したという方も多いです。椅子やソファーも、家との調和を考えて、長く使えるものを選ばれていることと思います。そのような方には、ぜひ椅子やソファーの張り替えをオススメいたします。
椅子やソファーでは、張り替えることで、生まれ変わったように新品のようになるものも少なくありません。
もし、買い替え時かな、と思われた時には、ぜひ椅子やソファーの張り替えをご検討ください。
きっと新品のような姿になって生まれ変わってあなたのもとに帰ってくるでしょう。

張替えを行なう目的

修繕をする

椅子の張り替えやソファーの張り替えを行なう目的で一番多い物は修繕が目的にだと思います。破れたソファーや椅子を張り替えることできれいな状態に戻ります。椅子やソファーには沢山の思い出が詰まっている事があり、中々捨てられないという人はボロボロになった時には、椅子の張り替えやソファーの張り替えを行ってあげてきれいな状態に戻してあげましょう。

デザインを変える

模様替えやリフォームを行った時に、椅子やソファーがお部屋の雰囲気と合わないという事が起きるかもしれません。そんな時には椅子の張替えやソファーの張替えを行ってみてはどうでしょうか?椅子の張り替えやソファーの張り替えを行なう時には、生地を自由に選ぶ事が出来るので、お部屋のデザインに合わせて椅子やソファーを変身させることが出来るのです。
まだ使えるのに、椅子の張り替えやソファーの張り替えを行っては勿体無いと思う方もいるかもしれませんが、新しい家具を購入する事と比べたら費用も安く済むと思いますよ。

職人さんに依頼する

椅子の張り替えやソファーの張り替えは、DIYで行なうことが出来ますが、出来れば職人さんに依頼した方が良いと思います。せっかく椅子の張り替えやソファーの張り替えを行なうのですから、できるだけ綺麗に仕上がった方がいいですよね?また職人の仕事は長持ちする為の工夫や細かな気配りがされている事が多いのです。それが職人さんをお勧めする理由です。

買い替えは尚早かも

椅子・ソファーの買い替え率
テーブル、テレビ台、食器棚、書棚など家具にもいろいろありますが、これらを次々と買い替えるという人は少ないのではないでしょうか。きっと1台1台、家具屋を何店も回ったり、インターネットやカタログなどを片っ端からみたりして、「この部屋に合うのはどれだろう」「この色、このデザインは譲れない」などと長い時間迷いながら気に入るものを見つけたはずです。椅子やソファーもそう。最初はこのように選ばれたはずです。それなのに、椅子やソファーの買い替え率は他の家具よりも圧倒的に多いのです。

買い替えの理由
では何故そんなに買い替えされるのか。それは生地の問題があるようです。一つは生地の劣化。椅子やソファーは座った時の衝撃を和らげるために、座面や背面などにクッション材が施されています。このクッション材は最初は弾力性はあるものの、時間が経過すると弾力性が無くなって座り心地を悪くする原因となります。また何度も座ることで表面が擦れて、穴が開いたり綻びが出るようにもなります。もう一つは色。最初はその部屋に合わせた色目のものを選んでも、引越しなどで部屋の床や壁の色が変わった途端、部屋に合わないものに成り下がることもあります。他の家具に比べて、椅子やソファーは色目が強く影響すると言えます。このようなことがあるため、椅子やソファーは買い替えの対象になりやすくなっているのです。

張り替えという解決法
しかし生地が劣化した、生地の色が合わなくなったという理由だけで買い換えるのは尚早です。椅子やソファーにはまだ起死回生のチャンスがあります。それは生地の張り替えです。クッション材を入れなおしたり、穴が開いたり綻びを直したり、違う色
の生地にしてイメージチェンジしたりなど、張り替えることで新品を買った状態に戻すことが可能なのです。今椅子やソファーを買い替えようと思っている人は、是非買う前に「椅子・ソファーの張り替え」で検索してみてください。

椅子の張り替えやソファーの張り替えに使われる素材

天然繊維

椅子の張り替え、ソファーの張り替えを行う場合、様々な種類や色の素材があります。今回は生地の種類について紹介したいと思います。天然の繊維には綿・麻・絹といった素材があり、綿や絹は肌触りが非常に良いといった特徴があります。麻は通気性が非常に良いので、ソファーい清涼感があるので、暑くなるこれからの季節は麻にソファー張り替え、椅子張り替えを行うことで快適に過ごすことができるかもしれません。また、エスニックな雰囲気の部屋にも麻はピッタリです。

化学繊維

椅子張り替え、ソファー張り替えには化学繊維を使うこともあります。化学繊維にはポリエステルやアクリルといった素材があります。ポリエステルは非常に丈夫で、型崩れしにくいという特徴があり、濡れてしまっても比較的早く乾燥するという特徴があります。アクリルは弾力性があり、シワが付きにくいと言う特徴がり、カビや害虫にも強いです。アクリル繊維に椅子張り替え、ソファー張り替えを行うことで、清潔な環境を保ちやすくなります。化学繊維は基本的に丈夫なので、耐用年数も長めです。

ポリウレタン

ポリウレタンは伸縮性が高いので丈夫だという特徴があり、合皮などを作る時にも使用されます。本物の皮に椅子張り替え、ソファー張り替えを行うには高い費用がかかりますが、合皮をチョイスすることにより、簡単にシックな雰囲気を出す事が出来ます。このように椅子の張り替え、ソファーの張り替えには様々な特徴を持った素材がありますので、自分の環境に合わせて素材を選ぶことが大切です。

使い捨てはもったいない!

椅子の張り替えはリサイクルにもなります

椅子の座面は人が座るたびにすり減っていきます。布地や革の表面が傷ついたり、色あせたり、穴が開いたりするとみすぼらしいですし、そこから更に破れなどが進行して、座面が実用に耐えない状態になってしまいます。
そんな椅子をそのまま使用するのは嫌だと思われる方が多いと思いますが、まだフレームや背面がしっかりしているのに、座面だけがダメになっただけで捨ててしまうのはとても勿体無いです。

ここで活躍するのが、椅子の張替えサービスです。

椅子の張り替えサービスとは

椅子の張り替えサービスでは、キズが付いたり破れたり、汚れてしまったイスやソファーの座面を張り替えることで、新品のイスにも負けない状態にすることです。座面表面の布地だけでなく、更にその下のクッション材も入れ替えることで、元々の座り心地を復活させることにもつながります。
これにより、椅子を買い換えることなく、椅子の張り替えを行うだけで済みます。

椅子の座面張り替えはプロにお任せ

椅子の座面張り替えは、プロに任せるのが一般的です。プロに任せるのはいくつかの理由がありますが、まずはじめに布地を綺麗に貼るのが難しいのが理由です。また、座面以外の部分の補修を依頼できるのも、椅子の張り替えのプロならではといえるでしょう。

生地が柔らかい座面

椅子の座り心地

皆さんは、ご自宅にある椅子の座り心地はいかがでしょうか? 椅子は人が腰を下ろすことができるようにするための家具ですが、椅子によっては座りやすい椅子だったり、座りにくい椅子だったりすることがあると思います。人によってどの椅子が一番座り心地がいいか違うと思いますが、座り心地が悪い椅子ですと、段々腰を悪くする恐れがあります。腰を悪くしてしまうと、身体に色々と負担を掛けてしまうことになるので、使っている椅子の座り心地がどれぐらいなのかが重要になってきます。それが、普段ご自宅で使われている椅子だったら尚更です。

生地が柔らかい座面

座り心地が良い椅子と聞くと、座面の生地が柔らかい椅子が該当すると思います。座面が柔らかければ座り心地も良くなるので、新しく椅子を購入される方は、座面に注目して購入されている方も少なくないのではないでしょうか。

椅子の張り替えが必要になることも

しかし、柔らかい座面も、長年の経過によって段々劣化してしまうことに変わりはありません。インターネットの画像検索でご覧になった方もいらっしゃると思いますが、一度劣化した座面はすぐボロボロ化してしまうものなんです。なので、椅子の張り替えが必要になってきますので、インターネットから専門業者まで申し込まれることをオススメいたします。専門業者は椅子の張り替えだけでなく、ソファーの張り替えにも対応していますので、一般の方が張り替えをされるより、専門業者に依頼された方が良いと思います。

ソファーの張替えを楽しんでみたら?

椅子の歴史
私たち日本人は、昔から「家では靴を脱ぐ」「床に座ってくつろぐ」という生活をしてきた歴史があります。一方、西洋人は、「家でも靴を履きっ放し」という生活をしてきたので、汚れた靴でもくつろげるよう「椅子に座る」という文化が広がった歴史があります。このような生活スタイルの相違から、昔の日本ではあまり椅子が普及しませんでした。しかし、明治時代になると、西洋の文化が入るようになってきて、私たちの生活もどんどん西洋化し、「椅子に座る」という機会も増えてきました。

いろいろな椅子
そんな椅子にも様々な種類があります。オフィス等で使う背もたれ付きの椅子や、ベンチタイプの椅子、バーのカウンターでよく見かける背もたれ無しの回転椅子、柔らかい素材で深く座れるソファータイプの椅子等など。シーンによっていろんな種類の椅子を使い分けて利用しています。なかでもソファは一番馴染みのある椅子かもしれません。靴を脱いで床に座って暮らすがメインの私たちですが、何故かリビングにソファーを置いている人も多いのではないでしょうか。ゆっくりもたれて座ったり、時には寝転がることもできるソファーは、私たち日本人の生活スタイルにも不思議に合うのかもしれません。

椅子の張り替え
ところでソファーの難点は、そのやさしい座り心地を作り出している素材の摩耗です。よく擦れる膝裏や手掛の部分は、どうしても時間がたつと綻びてしまいます。しかし大型家具のソファは決して安いものではありません。簡単に買い換えることは難しいものです。こういう時は「椅子の張り替え」サービスを利用してみましょう。ソファはそのままでも、綻びている生地を張り替えることが可能です。張り替えの際に、全く別の色にして楽しむ、なんてことも出来ますよ。

椅子のカラーチェンジ

椅子も重要なインテリア
椅子の主目的は「誰かを快適に座らせること」です。従って、学校には様々な授業に対応できる椅子、オフィスには長時間の業務にも負担にならない椅子、リビングにはゆったりくつろげる椅子、など利用する場所や用途によって、様々な椅子があります。ところで椅子にはもう一つ重要な役目があります。「見た目」です。いくら機能的には適切であっても、それが周囲に溶け込まない奇抜な色や素材では、何だか違和感を感じ「快適に座る」ことにはなりません。部屋の形や壁紙の色に合わせてインテリアを選ぶように、椅子も重要なインテリアの一つと捉えることが大切です。

椅子もカラーチェンジが可能
ところで、家具屋で椅子を選んだ際、「形や座り心地はいいのに色が合わずに諦めた」という経験はありませんか?特に部屋に置く椅子やソファなどは、形状はいくつか種類はあっても、一つの形状で沢山のカラーバリエーションを持ってることはそれほど多くありません。そのため気に入った椅子やソファを見つけても、色目が部屋と合わずに諦める人も多いようです。しかし、椅子もカラーチェンジが可能なのをご存知ですか?それは「張り替え」という方法です。骨組みはそのままで、覆っている素材を張り替えるものです。この方法によって、たとえ色目が合わなかった場合でも、形状や座り心地が気に入っていれば、後で張り替えをして、望み通りのものにすることが出来るのです。

諦める前に
色が気に入らないからと諦める前に、一度張り替えを検討してみませんか?また、古くなった椅子も張り替えを行なうことで今風に変えることが出来ます。無駄に買い直す必要も減ります。椅子の張り替えは専門業者にお願いしてみましょう。

1 2