バリエーション豊かな張り地

椅子の張り替えで気になること
物を大事にするという風潮も強まり、私たちが普段使用する椅子も張り替えなどを行う事によって、長く大事に使われるようになりました。そんな椅子の張り替えですが、その際に気になることの一つが椅子の張り地です。椅子の張り地の素材は複数あり、さらにデザインを含めればその数は膨大なものになります。椅子の張り替えを行う際は、どのような張り地に張り替えるのかも良く考えるようにしましょう。

張り地の種類と特徴
その椅子の座り心地や肌触りは、張り地によっても大きく左右されます。それぞれに特徴があるので、ご参考にしてみてください。
まず一つ目が、「合皮」タイプです。合皮とは人工の皮革のこと。天然皮革に比べ高級感はありませんが、お手入れが簡単で、価格も安価というメリットがあります。二つ目は「本革」タイプです。高級感に溢れ、また肌触りも非常に心地よい逸品です。しかし価格が高く、お手入れを怠ると急速に傷んだり、汚れが取れなくなってしまいます。そして三つ目が、「布」タイプです。布タイプはデザインが豊富で、その交換も容易に行う事ができます。一口に布と言っても素材によって性能は異なるので、ご自分の好みのものを選ぶようにしましょう。

椅子を長く使用するために
張り地はデザイン性の維持だけでなく、内部のクッション保護の役割もあります。しかし実際に人の体に触れる機会の多い張り地は、それだけ汚れや破れなどのリスクにもさらされています。その時に頼りになるのが、椅子の張り替え業者です。業者によってはバリエーション豊かな張り地を取り扱っている事もありますので、好みのものが見つかるかも知れません。逆に張り地の種類を決められないという方も、一度お気軽に相談してみると良いでしょう。あなたに代わって、最適なものを選び出してくれるかもしれませんよ。

椅子の張り替えで気分を変えましょう

椅子の張り替え時期
普段、使っている椅子には、張り替えをするタイミングがあるのはご存知でしょうか?「椅子を張り替える必要があるの?」と思われる方や、「椅子を張り替えるくらいなら新品を買う」と言う方もみえるかと思います。椅子を張り替える時期として1番多いのは、椅子の座る部分が破れたり亀裂が入ってきたりした場合です。長年愛用していると、どうしても劣化して傷んできてしまい、毎回座って使用している部分が破れてしまいます。新品に買い替えるのも手ですが、お気に入りの椅子ならば張り替える事によって、新品同様に今まで通りに使う事が出来ます。

椅子の張り替えをする事の良さ
椅子の張り替えをする事によって、新品の様に綺麗になります。又、椅子を張り替える事で今まで使用していた色味と別の色味に変える事も出来ますので、イメージチェンジをする事が出来ます。椅子を張り替える事でで、今まで使っていた椅子を処分しなくても綺麗に蘇らせる事が出来るので長年愛用する事が出来ます。

ソファーも張り替えが出来ます
椅子だけでなく、ソファーも張り替える事が出来ます。座り心地が気に入っていたソファーは、出来る事ならずっと使いたいと感じる方が多いと思います。ちょっとした穴やシミが付いた事が原因でソファーを買い替えるのは勿体ないでしょう。ソファーの張り替えをする事で他のデザインに変える事も出来ますので、お部屋の模様替え等をしたい時に、ソファーの張り替えをするのも良い手ですよ。ソファーを張り替えて綺麗にしてくれる業者がいるので、お願いしてみては如何でしょうか。

ソファーを張り替えるメリットとは

ソファーは家族の思い出をつくる場所
あなたの家のリビングにはどんなソファーがありますか?夫婦2人で座る小ぶりなものや、家族みんなでくつろげる大きなもの。革張りのスタイリッシュなものや肌触りの良い生地が張ってあるフカフカなもの・・・ 様々あると思いますが、共通しているのは、ソファーがあるところには家族が集まるということだと思います。ソファーに並んで座ってテレビを見たり、お茶を飲んだり、時にはうたた寝をしたり。家族は多くの時間をソファーで共有しているのではないでしょうか。

ソファーの座面は劣化しやすい
みんなが座るソファーですから、時には座面が擦り切れたり、汚してシミがついてしまったり。年月の経過によってソファーの座面が劣化するのは仕方のないことです。だからと言って、長年使ってきたソファーを捨てるのはしのびない、家族の思い出が詰まっているので捨てたくない。そう思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。大丈夫、捨てる必要はありません。ソファーの座面は張り替えることができるのですから。

ソファーを張り替えましょう
ソファーの張り替えをして生地や色が変わると、お部屋のイメージが大きく変わって、気分も変わります。どんな生地にするか、家族でサンプルなどを見比べて相談しながら決めるのも楽しいですね。お部屋のイメージチェンジにも、ソファーの張り替えはお勧めです。また、ソファーの張り替えを業者に依頼した際、ウレタン部分などの耐久性もチェックしてもらえますので、座り心地も改善できます。

本体はそのまま
ソファーの座面のみを張り替えるので、本体のデザインはそのままです。木製のフレームのソファーなら経年で味のある色合いになりますし、フレームにつけた傷なども家族の大切な思い出ですね。そういったものはそのままに、劣化した座面部分のみをリフォームすることで、思い出を損なうことなく気分も一新できます。

大切なソファーを張り替えて、末永く大切にお使いくださいね。

椅子を長く愛用するために

生活に寄り添う

私たちの暮らしに欠かせない椅子との繋がりは深く、先祖代々受け継がれてきました。椅子は私たちが楽な姿勢で身をゆだねることのできる家具です。家庭ではリビングや、キッチン、勉強部屋など様々な場所で椅子が使われています。勿論、デザインや形、色が豊富に開発され続け、椅子へのこだわりや愛情が深い方もいらっしゃいますよね。お気に入りの椅子やソファを長く使用したいというのが私たちの気持ちではありますが、モノは年月とともに劣化し買い替え時が来てしまうものです。しかし、買い替えも大変ですし思い入れのある椅子だから・・という方は椅子やソファーの張り替えを考えてみてはいかがでしょうか。

張り替えをすることによって

座面は特に触れたりこすれたりする部分ですので、劣化が激しく破れてしまったり傷がついてしまったりしてしまいます。そのような時には椅子やソファの座面の張り替えをすることによってより長く使用していくことが可能となります。また、座面の種類は多様でその都度変えることも出来るのでお部屋の模様替えや気分転換に雰囲気を変えることも自在です。生活スタイルに合わせることもでき、お気に入りの心地いい座り心地のまま使用することが出来るので張り替えをすることで気持ちも新しく椅子を長く使うことが出来ます。しかし、張り替えの作業は自分1人だけでやることは難しいのがネックとなります。

業者を利用する

お気に入りの椅子を長く愛用するために椅子やソファの張り替えは欠かせません。しかし、座面の素材を用意することや張り替えは知識のない個人でできることが限られています。自分で張り替えを行うこともいいですが、より状態のいいまま張り替えを希望する場合は張り替え業者の方に相談してみることをお勧めいたします。自分の要望を伝えればしっかり聞き入れてくれ使用者の気持ちを汲んで張り替えを行ってくれますので依頼してみることをお勧めいたします。

椅子に座るという意味

椅子に座るということについて
椅子の張替について語る前に、根本的なことについて考えます。椅子に座る、ということがあまりにも当然となってきた現代ですが、元々これはヨーロッパの、それも上流階級特有の文化であるということをご存知でしょうか。個々人が専用の椅子を所有し、王は玉座、貴族の女性はひじ掛けのない椅子、その他の人はスツールといったように、椅子にはヒエラルキーが内在しています。椅子が構造上人間に酷似しているため、その上に座るということは支配という象徴に繋がりやすいからです。また、そもそも椅子が日用品というよりも、彫刻としての要素が大きかったことも関係しています。つまり、椅子の張替をするということは自分を表現するということに繋がるのです。

椅子のデザイン
デザイナーたちは、椅子の構造と外観を通してメッセージを伝えるとされています。そのメッセージを受け、自分はその椅子を張り替えることでどのようにデザイナーにアンサーを返すか、というのも面白いですね。もちろん、単純に自己表現としての椅子の張替も素晴らしいです。実用的なことは大いに結構ですが、人間には文化というものがありますので、椅子の張替にはこのような文化的な要素の反映も多分に含まれていることがわかりますね。

椅子の張替
もちろん、実用性特化の椅子の張替も、合理的というメッセージになります。西洋芸術と同じ、アールデコから始まった洗練の波、モダニズムを継承する形となりますね。アートとしての椅子の張替。合理性の追求ための椅子の張替。いずれも、自己表現としての椅子の張替に通じてくるのではないでしょうか。椅子の張替についてお考えならば、ぜひ当サイトをご利用ください。

座る部分の張替

ソファーやシート

家庭の中でソファーを置かれている方は多いのではないでしょうか。リビングの中にソファーがあったり、自室にソファーを置いている方はとても多いことでしょう。空間をデザインするものでもありますし、なにより存在感と所有感を満たすものでもあったりします。しかしそういった大きいものが少しでも汚れていたりしていた場合はどうでしょう。部屋に人を招いたときにそういった部分がとても気になる方も多くいらっしゃいます。もしくは家でペットを飼っている方は要注意です。犬や猫がひっかいたところからソファーの中身が出てきてしまったりもしますし、もしそこにペットが排泄を行ってしまったら害虫の発生要因にもなりかねません。早急に張り替えるべきになってくるのかとも思います。

張り替える

張り替え自体はそこまで難しくもない場合が多いです。近年では「DIY」という言葉もあり、ご自身の手で新しく作ってしまったり、補修や修理を行うというのが流行っています。そういったノウハウ本も出版されていたりもしますし、情報には事欠かないでしょう。ただ、技術的に難しいという部分は出て切るかもしれません。布製品であれば比較的安価で行うこともでき、作業量もそれほどではないでしょうが、革製品になってくるとそうもいかなくなってくると思います。インターネットで検索してもまず間違いなくやり方は出てくるでしょうが、そこから作業に移れるかどうかといったら必ずしもイエスではありません。むしろ多大な困難が待っているのではないかと思います。思い入れがあるものであればそれでもぜひ直しておきたいかと思います。そういった場合はもう財布との相談になってくるでしょう。しっかりとご相談されたほうがいいかと思います。

気持ちのいい椅子

財布との会議が済んで張り替えれれば、そのあとはもう気持ちのいいことでしょう。新品同様に美しく変わった椅子を見て昔のことを思い出すかもしれません。新婚時代に買った椅子をそのまま使い続けている方であればその頃の気持ちを思い出してしまうのではないでしょうか?独身時代のものをそのままお使いの方はその頃の楽しい記憶がよみがえってくるかもしれません。物には思い出が宿ります。そういた思い出を忘れないようにするためにも、物は大事にとっておき続け、使い続けるというのが良いのかもしれません。直せるものは直して使いましょう。

なぜ椅子を張替えるのか

椅子の張替えは必要か
普段使用している椅子の生地が傷んでくるのはいつ頃でしょか、よほど荒く作られたものでなければ椅子の張替えが行われるのは購入してから長い間使用された後になるでしょう。それが椅子を使い始めて何年後になるか、はたまた何十年後になるかはわかりませんが、その時、はたして椅子は張替えをしてまで使い続けるのかと考える人もいるかもしれません。しかし、世の中には椅子の張替えを業者に依頼したい場面もたくさんあるのです。
椅子は重要なもの
日本人は古くから床に直接座る文化がありますが、特に欧米ではそうした文化がありません。座るといえば圧倒的に椅子を使うもので、その為に椅子の機能もより高く、より快適にと追求されてきました。生活に密着した椅子は良い物を使いたいと考える人も増え、高級な椅子は座り心地がよく、姿勢も正しく整えられ、いくら座り続けても疲れない機能を持っています。だからこそ、表面の生地がいたんだとしても、椅子は張替えを施して更に長く使い続けたいと考えられてきたのです。椅子の張替えは良い椅子を使っているからこそ必要になるものであり、良い椅子の性能はたとえ面倒な椅子の張替えを行っても代えがたいほど素晴らしいものなのです。
椅子を大事にする
椅子の張替えは椅子全体を新たに作ることに比べれば簡単な作業かもしれません。しかし、椅子の張替えを依頼された職人はそれに精魂込めて取り組みます。元々の椅子がしっかりとした作りと素晴らしい使い心地を持っていたものならば、椅子の張替えでその良さを少しでも損なうことは許されないからです。手頃な価格で簡単に手に入る椅子ももちろん便利なものですが、こうした椅子の張替えを行ってでも使い続けたい椅子があると、作った人達の技術や自分の生活も大事にできるようになるかも。しれません。

張り替える生地を考えてみる

機能性で張り替えてみる
皆さんが椅子やソファーの張り替えを考えるのは、どんなときでしょうか。使い古して、生地が破れてしまったときでしょうか。それとも、部屋の雰囲気を一新するために模様替えの一環としてでしょうか。どちらも素敵な理由です。新品のように輝きを放つ椅子やソファーは、ただそこにあるだけで人をくつろがせてくれることでしょう。しかし見た目にはもちろん、その機能性で生地を選んで張り替えてみるのもいかがでしょうか?
例えばこんな生地はいかが
まずご紹介するのが「ビニールレザー」。これは表面の材質に塩化ビニルが使用されており、抗菌・耐アルコールに優れるため、特に子供や高齢者のいる家庭にはおすすめでしょう。また汚れに強いためメンテナンスが楽であり、汚れても水拭きや中性洗剤などで簡単にふき取ってしまうこともできます。さらに安価なうえに色やデザインのバリエーションも豊富なため、デザイン重視の方でも満足いくものができるでしょう。次にご紹介するのが「ファブリック(布)」です。利点として、夏は汗などでベタついたりせず、冬は温かみがあります。またレザーには真似できない柔らかさがあり、座る人を優しく包み込んでくれます。さらに色柄の豊富さも優れており、きっとお好みのものを見つけることができるでしょう。
機能を活かせる張り替えを
ここでご紹介した生地はほんの一部で、実際に自分で探すとその種類の多さに目が回ることでしょう。さらに自分で張り替えようとすれば手間がかかるだけでなく、せっかく張り替えた生地がすぐに傷み、その機能も十分に発揮されないことでしょう。そんなことを避けるためにも、プロの方に依頼し、自分にとって最高の椅子・ソファーを手に入れてはいかがでしょう。

メンテナンスして長く使う

いつまでも綺麗なままではない

椅子やソファーにはこだわりがあるという方がいらっしゃると思います。座り心地、大きさ、形、素材などこだわりは人それぞれで、お気に入りを見つけるのは一苦労だと思います。せっかくお気に入りの椅子やソファーに出会えても綺麗なまま長く使うのは難しいことでしょう。年月が経ってただ単に古くなるだけでなく、汚れたり破れたりすることもあります。そうなった時に買い替えるのは大変ですし、また理想的な椅子やソファーに出会えるとも限りません。そんな時は椅子の張り替え、ソファーの張り替えを検討してみてはどうでしょうか。

椅子の張り替え、ソファーの張り替えで雰囲気を変える

座り心地や形に不満はないけれど、引っ越しや部屋の模様替えをしたら部屋の雰囲気に椅子やソファーが合わないという経験をされたことがあると思います。引っ越しや模様替えの度に買い替えるのはお金もかかるし手間もかかります。ですが、椅子の張り替え、ソファーの張り替えをすれば、すぐに雰囲気を変えることができます。新品に買い替えるよりも椅子の張り替えやソファーの張り替えをしたほうが、気持よく馴染みのある座り心地のまま、お気に入りのものを長く使えます。

自分ではなかなか難しい

椅子の張り替えやソファーの張り替えをするなら、自分でカバーをかければいいのではないかと思う方がいらっしゃると思いますが、個人でできることには限界があります。特に珍しい素材や色などは個人で手に入れるのは難しく、手入れの仕方を間違えるとすぐに傷んでしまいますので椅子の張り替えやソファーの張り替えは、一度業者さんにご相談したほうがいいでしょう。

椅子の張り替えをしませんか

椅子の張り替えによって

椅子などの大事な家具は壊れたりしても修理して使い続けられる場合があります。
特に良い素材を使った高級な家具は大切に修理すれば使い続けることができます。
そんな椅子は座る部分が破れて中のクッション部がむき出しになってしまうことがあるので、たまには椅子も張り替えすることをおすすめします。しっかりと椅子を張り替えれば、買ったばかりの新品の気持ちよさが持続することはもちろん、椅子を張り替えることによって、さらに良いデザインになることも考えられます。

ソファーの張り替えで部屋の空気を変えてみる

ソファーも張り替えることによって、椅子のように使い続けることができます。
綺麗なソファーに張り替えたら、部屋のイメージもグッと良くなります。
くたびれた革製のソファーも味があって素敵ですが、これをまた新しい革のソファーに張り替えると、部屋の空気にアクセントが生まれます。
革がくたびれてきたら、まずソファーを張り替えてみましょう。

椅子の張り替えやソファーの張り替えは業者さんに

椅子の張り替えやソファーの張り替えを自分で行う人も多いのですが、こういう専門性のある作業は、椅子張り替えやソファー張り替えのプロに任せましょう。
特にソファーの張り替えはかなり大規模な作業を必要としますので、無理に自分だけでソファーを張り替えようと思わず、しっかりと信頼できるプロにソファーの張り替えを任せた方が上手くいきます。

1 2