椅子のカラーチェンジ

椅子も重要なインテリア
椅子の主目的は「誰かを快適に座らせること」です。従って、学校には様々な授業に対応できる椅子、オフィスには長時間の業務にも負担にならない椅子、リビングにはゆったりくつろげる椅子、など利用する場所や用途によって、様々な椅子があります。ところで椅子にはもう一つ重要な役目があります。「見た目」です。いくら機能的には適切であっても、それが周囲に溶け込まない奇抜な色や素材では、何だか違和感を感じ「快適に座る」ことにはなりません。部屋の形や壁紙の色に合わせてインテリアを選ぶように、椅子も重要なインテリアの一つと捉えることが大切です。

椅子もカラーチェンジが可能
ところで、家具屋で椅子を選んだ際、「形や座り心地はいいのに色が合わずに諦めた」という経験はありませんか?特に部屋に置く椅子やソファなどは、形状はいくつか種類はあっても、一つの形状で沢山のカラーバリエーションを持ってることはそれほど多くありません。そのため気に入った椅子やソファを見つけても、色目が部屋と合わずに諦める人も多いようです。しかし、椅子もカラーチェンジが可能なのをご存知ですか?それは「張り替え」という方法です。骨組みはそのままで、覆っている素材を張り替えるものです。この方法によって、たとえ色目が合わなかった場合でも、形状や座り心地が気に入っていれば、後で張り替えをして、望み通りのものにすることが出来るのです。

諦める前に
色が気に入らないからと諦める前に、一度張り替えを検討してみませんか?また、古くなった椅子も張り替えを行なうことで今風に変えることが出来ます。無駄に買い直す必要も減ります。椅子の張り替えは専門業者にお願いしてみましょう。

お店でもソファー張替

椅子・ソファーは消耗します

飲食店なのどでは、ソファーの存在は欠かすことができないもです。しかし、椅子やソファーというものは使っていれば必ず消耗していきます。人の出入りが多いお店なのでは、その速度も速いでしょう。痛んだソファーや椅子は交換する必要がありあますが、そこで選択肢が2つ出てきます。「取り替える」か「張り替える」です。

コスト的に安いのは?

コスト的に安く済むのは張り替える方でしょう。取り替える場合は、当然丸ごと交換となりますが、張り替えの場合は一部を交換する形になるので、コストが安く済むことが多いようです。ただし、ソファー張替えを行う際に選ぶ素材によって値段は上下しますので、注意はしてください。椅子・ソファー張替えを行うときは自分の予算に合わせて素材を選ぶようにしましょう。

気分はリニューアル

椅子・ソファー張替えを行うことにより、椅子・ソファーのデザインは一新することもできるので、家具の雰囲気ががガラッと変わり、お店の雰囲気にが一新されます。椅子・ソファー張替えを行った際はプチリニューアルにもなりますね。もし、ソファーや椅子が現在傷んでいるなと思っている方がいらしたら、椅子・ソファーの張替えを検討してみてはいかがですが?