椅子の張り替えやソファーの張り替えに使われる素材

天然繊維

椅子の張り替え、ソファーの張り替えを行う場合、様々な種類や色の素材があります。今回は生地の種類について紹介したいと思います。天然の繊維には綿・麻・絹といった素材があり、綿や絹は肌触りが非常に良いといった特徴があります。麻は通気性が非常に良いので、ソファーい清涼感があるので、暑くなるこれからの季節は麻にソファー張り替え、椅子張り替えを行うことで快適に過ごすことができるかもしれません。また、エスニックな雰囲気の部屋にも麻はピッタリです。

化学繊維

椅子張り替え、ソファー張り替えには化学繊維を使うこともあります。化学繊維にはポリエステルやアクリルといった素材があります。ポリエステルは非常に丈夫で、型崩れしにくいという特徴があり、濡れてしまっても比較的早く乾燥するという特徴があります。アクリルは弾力性があり、シワが付きにくいと言う特徴がり、カビや害虫にも強いです。アクリル繊維に椅子張り替え、ソファー張り替えを行うことで、清潔な環境を保ちやすくなります。化学繊維は基本的に丈夫なので、耐用年数も長めです。

ポリウレタン

ポリウレタンは伸縮性が高いので丈夫だという特徴があり、合皮などを作る時にも使用されます。本物の皮に椅子張り替え、ソファー張り替えを行うには高い費用がかかりますが、合皮をチョイスすることにより、簡単にシックな雰囲気を出す事が出来ます。このように椅子の張り替え、ソファーの張り替えには様々な特徴を持った素材がありますので、自分の環境に合わせて素材を選ぶことが大切です。

使い捨てはもったいない!

椅子の張り替えはリサイクルにもなります

椅子の座面は人が座るたびにすり減っていきます。布地や革の表面が傷ついたり、色あせたり、穴が開いたりするとみすぼらしいですし、そこから更に破れなどが進行して、座面が実用に耐えない状態になってしまいます。
そんな椅子をそのまま使用するのは嫌だと思われる方が多いと思いますが、まだフレームや背面がしっかりしているのに、座面だけがダメになっただけで捨ててしまうのはとても勿体無いです。

ここで活躍するのが、椅子の張替えサービスです。

椅子の張り替えサービスとは

椅子の張り替えサービスでは、キズが付いたり破れたり、汚れてしまったイスやソファーの座面を張り替えることで、新品のイスにも負けない状態にすることです。座面表面の布地だけでなく、更にその下のクッション材も入れ替えることで、元々の座り心地を復活させることにもつながります。
これにより、椅子を買い換えることなく、椅子の張り替えを行うだけで済みます。

椅子の座面張り替えはプロにお任せ

椅子の座面張り替えは、プロに任せるのが一般的です。プロに任せるのはいくつかの理由がありますが、まずはじめに布地を綺麗に貼るのが難しいのが理由です。また、座面以外の部分の補修を依頼できるのも、椅子の張り替えのプロならではといえるでしょう。