張り替える生地を考えてみる

機能性で張り替えてみる
皆さんが椅子やソファーの張り替えを考えるのは、どんなときでしょうか。使い古して、生地が破れてしまったときでしょうか。それとも、部屋の雰囲気を一新するために模様替えの一環としてでしょうか。どちらも素敵な理由です。新品のように輝きを放つ椅子やソファーは、ただそこにあるだけで人をくつろがせてくれることでしょう。しかし見た目にはもちろん、その機能性で生地を選んで張り替えてみるのもいかがでしょうか?
例えばこんな生地はいかが
まずご紹介するのが「ビニールレザー」。これは表面の材質に塩化ビニルが使用されており、抗菌・耐アルコールに優れるため、特に子供や高齢者のいる家庭にはおすすめでしょう。また汚れに強いためメンテナンスが楽であり、汚れても水拭きや中性洗剤などで簡単にふき取ってしまうこともできます。さらに安価なうえに色やデザインのバリエーションも豊富なため、デザイン重視の方でも満足いくものができるでしょう。次にご紹介するのが「ファブリック(布)」です。利点として、夏は汗などでベタついたりせず、冬は温かみがあります。またレザーには真似できない柔らかさがあり、座る人を優しく包み込んでくれます。さらに色柄の豊富さも優れており、きっとお好みのものを見つけることができるでしょう。
機能を活かせる張り替えを
ここでご紹介した生地はほんの一部で、実際に自分で探すとその種類の多さに目が回ることでしょう。さらに自分で張り替えようとすれば手間がかかるだけでなく、せっかく張り替えた生地がすぐに傷み、その機能も十分に発揮されないことでしょう。そんなことを避けるためにも、プロの方に依頼し、自分にとって最高の椅子・ソファーを手に入れてはいかがでしょう。