なぜ椅子を張替えるのか

椅子の張替えは必要か
普段使用している椅子の生地が傷んでくるのはいつ頃でしょか、よほど荒く作られたものでなければ椅子の張替えが行われるのは購入してから長い間使用された後になるでしょう。それが椅子を使い始めて何年後になるか、はたまた何十年後になるかはわかりませんが、その時、はたして椅子は張替えをしてまで使い続けるのかと考える人もいるかもしれません。しかし、世の中には椅子の張替えを業者に依頼したい場面もたくさんあるのです。
椅子は重要なもの
日本人は古くから床に直接座る文化がありますが、特に欧米ではそうした文化がありません。座るといえば圧倒的に椅子を使うもので、その為に椅子の機能もより高く、より快適にと追求されてきました。生活に密着した椅子は良い物を使いたいと考える人も増え、高級な椅子は座り心地がよく、姿勢も正しく整えられ、いくら座り続けても疲れない機能を持っています。だからこそ、表面の生地がいたんだとしても、椅子は張替えを施して更に長く使い続けたいと考えられてきたのです。椅子の張替えは良い椅子を使っているからこそ必要になるものであり、良い椅子の性能はたとえ面倒な椅子の張替えを行っても代えがたいほど素晴らしいものなのです。
椅子を大事にする
椅子の張替えは椅子全体を新たに作ることに比べれば簡単な作業かもしれません。しかし、椅子の張替えを依頼された職人はそれに精魂込めて取り組みます。元々の椅子がしっかりとした作りと素晴らしい使い心地を持っていたものならば、椅子の張替えでその良さを少しでも損なうことは許されないからです。手頃な価格で簡単に手に入る椅子ももちろん便利なものですが、こうした椅子の張替えを行ってでも使い続けたい椅子があると、作った人達の技術や自分の生活も大事にできるようになるかも。しれません。