椅子に座るという意味

椅子に座るということについて
椅子の張替について語る前に、根本的なことについて考えます。椅子に座る、ということがあまりにも当然となってきた現代ですが、元々これはヨーロッパの、それも上流階級特有の文化であるということをご存知でしょうか。個々人が専用の椅子を所有し、王は玉座、貴族の女性はひじ掛けのない椅子、その他の人はスツールといったように、椅子にはヒエラルキーが内在しています。椅子が構造上人間に酷似しているため、その上に座るということは支配という象徴に繋がりやすいからです。また、そもそも椅子が日用品というよりも、彫刻としての要素が大きかったことも関係しています。つまり、椅子の張替をするということは自分を表現するということに繋がるのです。

椅子のデザイン
デザイナーたちは、椅子の構造と外観を通してメッセージを伝えるとされています。そのメッセージを受け、自分はその椅子を張り替えることでどのようにデザイナーにアンサーを返すか、というのも面白いですね。もちろん、単純に自己表現としての椅子の張替も素晴らしいです。実用的なことは大いに結構ですが、人間には文化というものがありますので、椅子の張替にはこのような文化的な要素の反映も多分に含まれていることがわかりますね。

椅子の張替
もちろん、実用性特化の椅子の張替も、合理的というメッセージになります。西洋芸術と同じ、アールデコから始まった洗練の波、モダニズムを継承する形となりますね。アートとしての椅子の張替。合理性の追求ための椅子の張替。いずれも、自己表現としての椅子の張替に通じてくるのではないでしょうか。椅子の張替についてお考えならば、ぜひ当サイトをご利用ください。